ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

自分を知る・自分に気づく

「自分を知る」ための問い〔♯54〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯54〕

あなたが自分ひとりの力で
自身を満足させられることがあるとしたら、それは何ですか?



~答えを導き出すヒント~

ここにきてようやく(?)“有事” がある程度落ち着きを見せ
他県への移動の緩和、レジャー施設再開など、日常に戻りつつある今日この頃ですが
世界ではまだまだ感染拡大が続いているなど、まだまだ予断を許さない状況が続いており
日本も、いつまた『外出自粛』になるかわからない現況となっています。

そこできょうの質問。

『外出自粛』によって多くの方が『ひとりでいる時間』を余儀なくされたわけですが
その間、いろいろな考えや思いが廻ったのではないでしょうか。

家族や仲間あっての自分ですし、当然、人は1人で生きていけないわけですが
一方で、自分1人の力で自分自身を満足させられるものがあれば
幸せを感じやすい(=孤独が気にならない)ということにもつながります。

キーワードは『満足感』

何かに没頭していることでもよし。なにか上質な気分に浸るもよし。

SNSなど、他人とかかわるツールを一度頭の中から切り離し
自分1人で(1人が)満足できるような事柄(または空間)など意識して見つけておけば
人間関係で疲弊してしまったときの “避難所” としての役割も果たしてくれると思います。

「自分を知る」ための問い〔♯53〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯53〕

いい人と悪い人、好きな人と嫌いな人を
どのように見分けますか?



~答えを導き出すヒント~

春(といっても、もう初夏近いですが)は出会いの季節。

ただ、今年の春は “有事” の影響で
本来であれば既に出会えているはずの人にも、まだ出会えてないかもしれません。


人生、人との出会いによって大きく変化することは言うまでもないですが
人と出会い、何かしらの関係性をもってその『人となり』を知っていくうえで、つい
『いい人』か『悪い人』、『好きな人』か『嫌いな人』に見分けてしまう・・・なんてことも。

ただ、人をそうやって見分けてしまうことは仕方がないにしても
人を見分けるうえで少し意識しておきたい部分があり、それは
自分が人のどんなところを見てそのように判断しているかということ。

ただ単に、自分にとって都合がいいからという理由で
(このほかにも、見た目だけによって)
『いい人』『好きな人』と判断してしまうのは
少々浅はかというか、深い関係(真の友人関係)を気づきにくいというか。。。

何かしらの関係を持ったその人の、態度や身なりはどのようなものか
また、その人の言葉づかいであったり、発した言葉に気持ちがこもっているか
その他、表情やしぐさなどに嘘・偽り・ぎこちなさみたいなものはないか
自分の五感を使って十分に観察する必要があるように思います。


また、なかには、何かたくらんでいる(悪意がある)ように見える人や
タチの悪い人、質の悪い人もいらっしゃるかもしれません。
(何かと “人を利用したがる” 人って、いますよね)

そのような人たちとなるべくならお付き合いしない方がいいのですが
ビジネス等の関係でどうしても関係性を持たなければならないという場合もあるかと思いますので
その場合、自身のストレスがたまることのないよう、また、自身の心が汚れることがないよう
適度な距離感をもって接することも重要となってくると思います。

(当然、自分自身がタチが悪かったり、質が悪かったら元も子もないわけですが)

「自分を知る」ための問い〔♯52〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯52〕

今回の “有事” によってあなたが得た教訓は何ですか?


~答えを導き出すヒント~

昨年末、中国・武漢で発見された新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るい
感染拡大を防ぐための『自粛』が、日常生活に多大なる影響を及ぼしています。
(当方はこれを “有事” と表現することにします)

特に営業自粛を余儀なくされた業界で生活している方々にとってみれば
生活できるか否かの死活問題につながりますので
一刻も早い事態の収束・自粛解除を望んでいることと思われます。

また、そこまでの影響は受けていないまでも
不要不急の外出の自粛等はすべての方々に『要請』として求められているわけなので
すべての国民が “One Team” となって守る必要があるように思います。

結果、どうしてもストレスがたまりがちとなるわけですが、だからといって
事態が収束するまで “何もしないまま” 待ったり
「コロナが憎い」と言って嘆くことにどんな意味があるでしょうか?

そこで、きょうの問いです。

ウイルスは確かに、人間にとってみれば強敵ですが
ウイルスそのものに “罪” はありません。

目に見えない無数の微生物同様、存在することの『意味』が必ずあるわけです。

よって、私たちが目に向けるべきことは
(ウイルスの存在価値というよりは)現在の “有事” が
人間社会にどんな『意味』をもたらしているか・・・という部分にあると思います。

自粛生活は確かに厳しいですが
それによって大気汚染が改善され、空の透明度が高くなったり
夜、数年ぶりに星を見ることができたなんて話もあるそうです(中国・インド)
(地球環境問題だけでなく、生活に『良い影響』をもたらした部分が必ずあるはずです)

今回の “有事” が100年後・200年後の地球に与える影響・・・

そう考えると、この自粛生活の “辛抱” も、少しは和らぐのではないでしょうか。

特にかわいいお子さまやお孫さんがいる方々にとってみれば。

「自分を知る」ための問い〔♯51〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯51〕

今までにした大きな〔決断/選択〕は何ですか?


~答えを導き出すヒント~

もうすぐ新年度。新しい生活をスタートさせるという方も多いわけですが
夢や希望・目標に満ち溢れている人がいる一方で
不安や怖さみたいなものが先立っているという方も、数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

いずれにしろ、新しい生活が始まるのは
みなさんがそのように〔決断/選択〕したからこそ。
(新入生・新社会人など、人生の中で(否が応でも)そういった時期は来ますよね)

そのため、みなさんが人生の中で、過去
今までにした大きな〔決断/選択〕を一度振り返ってみるのもいいかと思います。

例えば、○○について
 ・なぜ、そのように〔決断/選択〕したのでしょうか?
 ・〔決断/選択〕するときに参考にしたものは何でしたか?
 ・自分がした〔決断/選択〕に点数をつけるとしたら、何点ですか?
 ・その〔決断/選択〕について、反省点・改善点があったとしたら、それはどこですか?
など

質問では “大きな〔決断/選択〕” としましたが
結局のところ、人生は〔決断/選択〕の連続・・・

どの学校(高校・大学・専門学校 etc… )に行き、何を生業とし
誰と結婚するかといった、それこそ人生を左右する大きなことから
朝、何時に起き、何を食べ、どんな服を着るかといった、日常の小さなことまで。

今、みなさんがその瞬間瞬間で決めている〔決断/選択〕も
いつか振り返るときがあった際「決して間違いではなかった・・・」
そう思えるよう、毎日を一つひとつ丁寧に過ごしていく必要がありそうです。

もちろん、文章を書いているこの私自身も。

「自分を知る」ための問い〔♯50〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯50〕

あなたの持っている武器・強みは何ですか?


~答えを導き出すヒント~

中国・武漢で発症した新型コロナウイルスがほぼ世界中で猛威を振るいだし
ここ日本でも全国各地で感染者がみられるようになりました。

普段にぎわうはずの著名な観光地でさえ人がまばらだったり
各地で行われているイベントが中止、もしくは延期になったり
各店舗のマスクやハンドソープ類の在庫がなく、それによるトラブルが発生するなど
普段の生活にも少しずつ影響が出始めているようです。

そのような情勢をふまえ、今回の質問のテーマに。

新型ウイルスやインフルエンザに限らず
普段の生活においても、自分を “守る” 必要のある状況は数多く存在します。

何から “守る” か・・・真っ先に思いつくのが『ストレス』

仕事や家庭のストレスだったり、人間関係のストレスだったり・・・

それぞれのストレスに対して、どのように対策したり、守るべきか考える必要があるわけですが
一方で少し意識しておきたいことがあります。

それは、今回の質問にあげた、自分の持っている『武器』や『強み』のこと。

スポーツの世界で、「攻撃は最大の防御」なんて言葉もあるわけですが
(人や物に対いて)攻撃する必要はないまでも、自分の『武器』や『強み』を意識することで
(または、さらにそれらを磨いていくことによって)
自分の中の確固たる自信だったり、日々の生活の充実ぶりにつながっていくのは
皆様にもなんとなくご理解できる部分があるのではないかと思います。

また、その『武器』や『強み』というのも
人と比較して何かしら優れている・・・というものよりは
自分の中にだけ存在する “絶対的なもの” の方、自律的な生活を送るうえで
よりメリットがあると言えそうです。

また、少し見方を変えると
自分の持っている何かが『武器』や『強み』と思えたのなら
それに越したことはないということにもなりますよね。

「自分を知る」ための問い〔♯49〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯49〕

最近大笑いした出来事は何ですか?


~答えを導き出すヒント~

2020年も1ヶ月近くが過ぎました。

年が明けたころ、よく『初○○』という言葉を耳にするわけですが
その中のひとつに『初笑い』という言葉があります。
(一昔前までは、新聞のテレビ欄にその言葉が随所に見られましたよね)

そんな『笑い』を今回の質問のテーマに。

残念ながら大人になると、1日の中で『笑う』という行為自体
実はあまりしていないのかもしれません。

そのため「大笑いした出来事を思い出せ」と言われても
何年前の話になるか、下手をすれば、何十年前の話になる・・・なんてことも。

とはいえ『笑う』という行為には、免疫力が上がって病気になりにくくなったり
周りの人を幸せな気持ちにするなど、たくさんのメリットがあるわけなので
思わず「クスッ」となった、「ニヤリ」としてしまった
そんな『笑い』のエピソードでもいいかもしれません。

また、笑ったことを思い出せないのであれば
普段から意識して『笑顔をつくる』ことから始めてみる必要があるかもしれませんね。

このほかにも、自分が誰といるときに笑顔でいられるか・・・
できることなら、愚痴や怒りを共有する相手より
笑顔を共有する相手といる時間を増やす工夫や努力をする必要があるように思えます。

「自分を知る」ための問い〔♯48〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯48〕

あなたが「気を付けなきゃ」と感じるのはどんな時ですか?
また、それはどんなことでそう感じますか?


~答えを導き出すヒント~

師走も残すところ1週間弱・・・『年の瀬』と言われるこの時期。

今年中にやっておきたい(やらなければならない)ことや来年の準備等
いつも以上に忙しい日々を過ごすことが多いなか、普段なら気を付けてできていることでも
つい、忘れてしまったり、イージーミスをしてしまったり・・・なんてこともあるかもしれません。

また、忘れものやミスをしないまでも
過去の自分の行為に対する不安・・・例えば、外出したあとで
「テレビのコンセントは抜いただろうか」とか「ちゃんと玄関のカギは閉めただろうか」と
家の様子が気になってしまったという経験をされた方も多いと思います。


どんなときにそう感じるのか・・・

疲れているとき、急いでいるとき、何か悩みごとや問題ごとを抱えているときなど
人によってさまざまですが、共通して言えることは
『心ここにあらず』の状態 になってしまっているということです。

自分のしている行為〔行動〕と頭で考えていること〔思考〕が異なるわけですから
忘れものやミスをしたり、後になって不安になるのも、当然と言えば当然ですよね。。。

そのため、日常生活の中でどんなことが気にかかっているのか
(どんな思考が働きやすいのかを)自身で振り返る必要があるかもしれませんね。

また、それと同時に、日常生活の中で
『何もしない時間』をつくったり、マインドフルネスを取り入れるなどして
「いま、ここ」の時間 を自分自身に提供することも
(「気をつけなきゃ」と思うことを減らすためには)とても大切になってくると思います。

「自分を知る」ための問い〔♯47〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯47〕

会うと元気をくれる人、もしくは
リラックスさせてくれる人の共通点は何ですか?



~答えを導き出すヒント~

毎日同じように過ごしているつもりでも
ちょっと元気がなかったり、逆にイライラ・セカセカしてしまったり・・・

だけど、そんな元気のなさやイライラ・セカセカした気持ちが
ある人と会って話をするうちに、いつのまにか消えてしまっていたという経験をされた方も
結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そのような、自分に元気を与えてくれるような人、リラックスさせてくれるような人に
どのような特徴があるのか、また、なぜ自分がその人と会ったときに
そうなる(元気になる/リラックスできる)のか一度考えてみると
自分に何が必要なのか(何が足りていないのか)見えてくるような気がします。


自分の身の回りにいる、元気を与えてくれるような人、リラックスさせてくれるような人・・・

すぐに思いつく人がいれば問題ないですが、「1人も思いつかない」としたら
普段の生活において、必要以上に『警戒心』を持って過ごしていらっしゃるのかもしれません。
(『自信がない』ことの裏返しであるかも)


一方で、自分が周りの人に対して
元気を与えられるような存在であるか、もしくは、リラックスさせられるような存在であるか
時間のあるとき、ご自身の言動や行動、人に接するときどんな態度をとっているか
いま一度振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

もし仮に、相手が必要以上に(自分を)警戒しているような態度をとっていたとしたら
気づかないところで威圧的な態度をとってしまっている可能性があります。

自身のおかれている状況がどんな状況であれ
人と接するときは、やはり『笑顔』を心掛けたいものですね。

「自分を知る」ための問い〔♯46〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯46〕

あなたがもし、誰かに謝れるとしたら
誰にどんなことで謝りたいですか?



~答えを導き出すヒント~

今月、台風19号によって各地の川で堤防が決壊するなど
甚大な被害に見舞われた場所が多く発生しました。

いままで考えられなかったような自然災害が次々に起こるようになり
(やはり(?)少なからず地球温暖化が影響しているのでは・・・)
人類そのものが、いままでの生き方・過ごし方・考え方そのものを
早急に変えていく時期に差し迫っているような気がしてなりません。


と、少し話は大きくなってしまいましたが・・・

運よく災害や事件・事故に巻き込まれず、誠実に、また、自分に正直に生きたとしても
『後悔』というものは、必ず、ひとつやふたつ、ついて回ると思います。

そして、そんな後悔の中によくあるのが『人との関係』

 「誰々にあんなことを言ってしまった(言わなきゃよかった)・・・」
 「誰々にあんなことをしてしまった(しなきゃよかった)・・・」
 「誰々に(自分の想いを)伝えておけばよかった・・・」


など。

みなさまにも一人や二人、思い当たる人がいらっしゃるのではないでしょうか。

「ある人に、こんなことで謝りたい・・・」

そんな気持ちが(素直に)出るのであれば、自分が当時未熟だったことを認められた証拠。
(同時に、自分を客観的に見つめることができていることにもつながりますよね)

自分自身に対し、誠実に、正直に生きるということは
自分の身の回りの人たちに対して、誠実に、正直に関わることでもあると思います。

「自分を知る」ための問い〔♯45〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯45〕

残りあと3ヶ月、今年中にやっておきたいことは何ですか?


~答えを導き出すヒント~

2019年9月も下旬の下旬。
まだまだ夏のような暑さが続きますが、残すところあと3ヶ月となりました。

時間単位がおおよそ『3の倍数』で区切られていること
(1分=60秒、1時間=60分、1日=24時間、1ヶ月=約30日 etc…)
また、『三日坊主』『石の上にも三年』ということわざがあるように
時間を絡めて物事を考える際、何かと『3の倍数』をひとつの区切りをして考えることは
みなさまにもなじみがあるのではないかと思います。

(物事を継続できるかどうかの期間の目安のひとつに『3ヶ月』というのがありますよね)


ちなみに、この質問に対する私の個人的な回答といたしましては
残り3ヶ月を、季節でいう『秋』と捉え、秋にまつわる行動ができればいいかなと思っています。

少しわかりにくいですね。

つまり、秋と言えば『実りの秋』ということで
今年の成果(+もうすぐ達成するであろう成果)に携わっていただいた環境に
まずは感謝する気持ちを示すことでしょうか。


例えば、『人』に対して

軽くお茶をする。楽しい時間を共有する。
「いつもありがとう」と伝える。

そして、『物』に対して

汚れをしっかり落とす。メンテナンスをする。
『いるもの』と『いらないもの』にざっくり分ける。
(実際に処分するのは、冬(来年1~3月)の季節)

最後に、『自分自身』にたいして

いい景色を見に行く。おいしいものを食べる。
(余裕があれば)自分自身をもう少し追い込んでがんばってみる。

など。

あまり難しいことは考えず、“普通のこと” をしっかりやっていく。


みなさまはいかがでしょうか?


ただ毎日なんとなく過ごしていくよりも
本日とりあげたこのような質問を〔意識的に〕〔定期的に〕問うことは
自分らしく、また、意味のある人生を送るうえでとても大切な気がします。