ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

日常のできごと・つぶやき

腰痛からの気づき

みなさま、いつもありがとうございます。

この前の火曜日(23日)あたりだったでしょうか。。

普段の生活において少しイレギュラーなことがあり
せかせか動いているうちに腰にだんだんしびれが出てきて
やがて動くのも億劫な状態に・・・

「うわぁー、またきたか・・・」

もともと腰痛持ちなのですが、普段生活している分には影響はなく
ここ1,2年くらい腰痛を気にせず過ごせていたのですが・・・


で、ここにきてまた “原点” に戻るというか。

自分にとって『健康』とはどういう状態であるか
一度振り返ってみることにしました。

 自分にとって健康とは・・・
 身体の隅々まで新鮮な血液・リンパが行き届いていること
     || 
     ||つまり
     ↓↓
  ・身体が冷えていない(指先、足の先、耳など)
  ・コリがない(特に首・肩)
  ・体を伸ばした時に痛みがない(小さい)
  ・意識的に深呼吸ができている など


そこから
お風呂に入り、軽いストレッチをし、コリをほぐし、身体の隅々をさすり・・・

早くもとの “健康体” に戻るよう
半分祈りながら「なにとぞ、なにとぞ」と(笑)


言うまでもなく
健全な精神・心は、健康な体あってのことですからね。

とある芸人さんのほっこりエピソード

みなさま、いつもありがとうございます。

きょう11月25日が誕生日だという
人気お笑いコンビ『ドランクドラゴン』塚地武雅さんの
ちょっとしたほっこりエピソード。。

本業のお笑いだけでなく、ドラマや映画で俳優としても
以前から大活躍されているにも関わらず

「自分は芸人なのにドラマに出ていいのか?」
「俳優さん達の邪魔をしていないだろうか?」
「自分が出ることでせっかくの作品がコントに見えやしないだろうか?」


という葛藤を長い間抱えていたようなのですが、ある日の休憩中
スタッフや共演者と距離を置いていた塚地さんに
共演の佐野史郎さんが声をかけてくれてその悩みを打ち明けると

「芝居って旅芸人が喜劇を演じて回っていたのが原点なんだ。
 だから元々はお笑い芸人さん達のものなんだよ。気にすることなんかないよ」


と言われて吹っ切れたそうです。


確かに、言われてみれば・・・

私自身もその話を聞いてから、ドラマに俳優さんに混じって芸人さんが出ていても
以前よりも違和感を感じなくなりました。

ただ、やはり
演技力のある芸人さんに出ていただきたいですけどね。

そしてあとひとつ。

「塚地さんというよりは佐野史郎さんのエピソードなのでは?」
というツッコミはなしで(笑)

コタツの魔力

みなさま、いつもありがとうございます。

この前の日曜日、部屋にコタツを出しました。

「出した」といっても
コタツぶとんを敷いて、スイッチONしただけですけどね(笑)

もう、やばい・・・

おコタの中に寝そべって足を突っ込み
すこしボーッとしているだけで、2時間近く記憶が失われてしまって・・・

どうもその時間、私は天に召されていたらしい・・・

今度はコタツでアイスを買って食べることにしようかな。

私にとっては、最高の贅沢。

なんせ、“超一流の庶民” ですから(笑)

「何もやることがない」裏を返せば・・・

みなさま、いつもありがとうございます。

休みの日にふと感じる「何もやるがことない・・・」

おとといの日曜日の昼下がり
ふと、そのような状況になりました。

そこでふと気づく・・・

人が行動を起こすのには、必ず何かしらの欲求を満たすために行われるものなので
「やることがない(=すべき行動がない)」ことは
裏を返せば、いまの自分が十分満たされていることなのかも!

つまり
「何もやることがない」
ではなく
「何もしなくていい」

おっ、ちょっと “優雅な” 気分になってきた。

とりあえずコーヒーを飲もうか。

目的は・・・より優雅な気分に浸るため。

ちょっと昔の発想かもしれませんね(笑)

世の中に流れている情報の大半はそれほど間違ってはいない、ただ・・・

みなさま、いつもありがとうございます。

最近になって思うこと。
(いや、実際には前々から思っていたことを、ようやく文章にした感じ)

毎日、とめどなく溢れ出る情報の数々・・・

その情報は
マスコミだったり、日頃から接している人からだったり
はたまた、ネットやSNSだったりするわけですが
その情報の多くは、あながち間違ってはないと(個人的には)思っています。

ただその一方で、その情報の多くは
全体の中のほんの一部分のみを切り取って伝えられているということも
忘れてはならないような気がします。

つまり、膨大な出来事・事実の中で
マスコミ・身近な人・ネットやSNSが伝えている情報は
自分たちが伝えたい・伝えやすいように
一部分のみを切り取って “加工” されたものであるということ。
(中には、情報をどう受け取ってほしいのかを “見計らって” 意図的に流すようなものも・・・)

そのため
「情報が正しい・間違っている」で右往左往(一喜一憂)するのはもちろんのこと
自分が受け取った情報が “すべて” だと思ってしまうことが危険というか・・・


「だからなんだ?」と言われればそれまでなのですが

ただ、私自身
マスコミ・身近な人・ネットやSNSの情報に惑わされることなく
「賢くいたい」ということだけなのかもしれません(笑)

思いがけない『空き時間』

みなさま、いつもありがとうございます。

先日、思いがけない『お休み』が発生しました。

相手方の急遽都合ということで、報酬も補償。
(いわゆる『有給休暇』と同じような感じです)

ラッキーといえば、ラッキーなのですが
思いがけない『お休み』
そして、思いがけない『空き時間』・・・

さぁ、何をしようか・・・

思い浮かばない・・・

そこでちょっとした後悔。

こんなときのために
『やりたいことリスト』みたいなものを作成しておけばよかった!​

とはいえ、家の中を見回してみると
ちょっと余分なもの(捨ててもよさそうなもの)があったり
部屋の中や水回りの細かなところが少し汚れていたりしたので
普段なかなか目の行き届かないところを中心に
掃除&片づけをすることにしました。

ほんとうはもっとやりたかったことがあったかもしれないけど
家の中がそれなりに片付いたので、まぁ、よしとするか。

いつもどおり(?)及第点の1日となりました。

たとえばきょう1日が・・・

みなさま、いつもありがとうございます。

たとえばきょう1日が
最低最悪の1日だったとしたら
少なくとも明日はきょうよりは幸せな1日になるだろうし

とっても幸せな1日だったとしたら
それは言うまでもなく幸せなことだし

また、及第点のあげられる “ごく普通の” 1日だったら
それはそれで幸せなことだし

いずれにしても、『幸せ』につながっている。

だがら、毎日 “あるがまま” 過ごしていこうと最近強く思うようになりました。

変に自分を責めたり、いじめたりすることなく
かといって傲慢でうぬぼれることもなく。

ただ、あるがまま。

上を向いて歩こう

みなさま、いつもありがとうございます。

きょう10月15日は
ちょうど60年前のきょう、日本のみならず、世界的に大ヒットした曲
『上を向いて歩こう』が発売された日だそうです。

ある特定の年代以上にとっては、誰もが知っている曲でしょうし
この曲によって元気が出た・励まされた・勇気づけられたという方も
きっと(特にこの曲をリアルタイムでご存じの方は)多いと思います。


そこでふと気がついたこと・・・

日常生活の中で、なかなか上を向いて歩くことって、ないですよね。
(ひょとしたら、皆無かも)

特にこの季節。空が高く
まただんだんと空気が透き通って透明度もどんどん増していくというのに
それさえ気づかずに。。

なので、たまには、上を向いて歩くこと
意識してみるのもいいかもしれませんね。

「♪上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」という歌詞にあるように
“こぼす涙” があるほど苦しい思いはしてなくても
上を向いて、口角を挙げて歩いていけば
きっとこの先、いいことが待っているのではないかと信じて。。。


下向いて歩いていても、そう簡単にお金が落ちているわけでもないですしね(笑)​

復活! お笑いマンガ道場

みなさま、いつもありがとうございます。

先週の日曜日(26日)のことでしたが

中京テレビ(日本テレビ系列)
『お笑いマンガ道場』27年ぶりに1日限りの復活!

ちょっと観ちゃいました。


司会の柏村(武昭)さんとだんちゃん(車だん吉)。
2人とも喜寿だって! びっくり! 若い!

あと
漫画家の島本和彦先生がベレー帽をかぶって鈴木義司先生を彷彿とさせ
野性爆弾のくっきーが変装で富永一朗先生のマネをした感じもよかった。
(ネタもほどよくHで)

また、紅一点の足立梨花ちゃんもまた
若かしりころの(川島)なお美ちゃんみたいで
(いい意味でのいじられ役となっていて)よかった。

そして偶然にも
きょうは鈴木先生の誕生日だったようで・・・

富永先生となお美ちゃん3人で
天国で笑って観ているといいね。

まぁ、何はともあれ、いろいろと感慨深かったです。


ところで、なつかしさとは何か・・・

ただ「昔はよかった」ということだけではない
『人としてのやさしさ』を取り戻すために必要な感覚を呼び覚ましてくれる気がするし
(それでなくても、私は十分やさしいですが(笑))
人生の “根っこの部分” を再確認するのに必要な要素(『温故知新』にも似た)のひとつと
言えるのではないでしょうか。


ちなみに、今回、この『お笑いマンガ道場』が放送されたのは
中京テレビローカル(東海三県)のみだったわけですが
東海三県在住の方で私と同じように「なつかしい」思いをされた方
きっと多くいらっしゃったのではないかと思います。

子どもにできて、大人になってできなくなるもの・・・

みなさま、いつもありがとうございます。

小学校低学年くらいまでの子どもを見て感じること・・・

例えば

・ペットボトルのふたが硬くてあけられない
・ジュースの缶をうまくあけられない
・お菓子の袋をうまく破けない
・紐を上手に結べない
・キツキツに縛られた紐をうまくほどけない
・重たいものを持てない
・工作をしているとき、ノリやテープでうまく貼れない

これらに限らず、他にもっとたくさんのことを
“平気で” 大人である私たちに頼むことができている。

そこでふと感じたこと・・・

いつからだろうか。

人にものを頼めなくなったのは。

大人だからと言って
一人ですべてのものをやる必要はないし
苦手なことがあったって、それはごく当たり前のこと。

ひょっとすると
自分が苦手としていることが、誰かの得意である可能性だって大いにありうる。

少し勇気をもって、人に何か頼んでみようじゃないか!