ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2021年02月

選択するときのコツ〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

ちょっと聞いた話ではありますが。

人は
どの学校に行くか、どんな職業に就くか、誰と結婚するかといった
人生の大きな選択のみならず
何時に起き、何を食べ、どんな服を着るかといった
​毎日の小さな選択によっても人生が築き上げられていくわけですが

この『選択』というもの・・・

2つの選択肢があった場合
つい、どちらを選ぶかというように考えてしまうのではないでしょうか。

でもこれは、損得の感情が働きやすく、また
選ばなかった方に対する未練や後悔の気持ちも出やすいようです。

(確かに、そんな気が)

ではどうすればいいか・・・

それは『断つ』方を決めるというもの。

そう。まさに『決断』の字の通り
『断つ』を『決める』。

その方が、理にもかなっているようです。

『出し入れ』という言葉にもあるように、何かを先に “出した” 方が
あとから何か(身になるものが)“入ってくる” 可能性も高いということのようで。

断捨離に似た感じなのかもしれませんね。

母からの手紙

みなさま、いつもありがとうございます。

先日、故郷に住む母から
突然お手紙をもらいました。

(「何事か…」内心気が気でない私)

昔ながらの縦書きの便箋。そこには
季節の移ろいはじめ、面と向かってはなかなか言えないであろう
喜寿を過ぎた母の心情・・・つまりは
残り少なくなったいのちの時間をどう過ごしていきたいのか
過去に対する悔いや心残り、私たち息子に “託す” 想いなど
5枚にわたって隙間なく綴られておりました。

小さいときから、私は母の “カウンセラー”

自分で話をするより聞く方が得意なこと。
自分がいる場所の空気を読んでしまうようなところがあること。
そして、いまの私の職業が、自身のこの世の使命であると感じているのも
今回の手紙だけに限らない、母とのコミュニケーションにあったような気がします。


ちなみに私は、まだ父も健在なので
親を亡くすことの悲しみや喪失感は実際のところ分からないわけですが
親に限らず、大切な人に遺してもらいたいもの・・・それは
『かたちあるもの』に限ったものではなく
こうした『思い』であったり『筆跡』だったりするのかもしれません。

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(4/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

過去3回にわたってお送りしてきたテーマ
『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(※)』

きょうが最後になります。

なぜ人は、問題や悩みを抱えたとき、ほかの人に相談したくなるのでしょうか。
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのでしょうか。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


④ 叱ってほしい
~「そんなことしちゃだめだ」と叱ってほしい~


比較的若い年代の人たち、また、どちらかというと依存心の強い方などは
叱られることによって「本気で接してくれている」ように思うとともに
それが「うれしい」気持ちになるようなところがあるようです。

しかしながら、カウンセラーは叱ったり説教したりすることはまずありません。
(状況によって叱咤激励することがあるかもしれません)

中には、やたらとアドバイスとしたり、人生訓を語り始めるようなカウンセラー(特に年配の方など)もいらっしゃるかもしれませんが、そういった方に相談されてしまったのなら、ただちに他のカウンセラーさんに変えたほうがよいかもしれません。

カウンセラーが叱ることがあるとすれば、それは
カウンセラーとクライエントとの間で 十分な信頼関係が築かれていること。
(専門用語で『ラポール関係』という)

クライエントさんがカウンセラーに対し
「この人には安心して話ができる」「この人なら私の気持ちを分かってくれる」
「私と同じ痛みや苦しみを感じ取ってくれる」「この人となら一緒にやっていけそうだ」
と思い、また、カウンセラーもクライエントさんのその思い(信頼して話をしてもらっている)を感じ取ることができてはじめて成立するものだと考えております。

『共感的関係』という言い方もできるかもしれません。


 (※)『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか』過去掲載分
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/974
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/975
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/976

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(3/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

一昨日よりお送りしているテーマ
『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(※)』

きょうが3回目です。

なぜ人は、問題や悩みを抱えたとき、ほかの人に相談したくなるのでしょうか。
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのでしょうか。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


③ アドバイスがほしい
~専門家として、専門的な立場からのアドバイスや指摘がほしい~


わざわざ心理の専門家のところに相談しに行くわけですから
専門家としての的確な指摘やアドバイスがほしいというのはもっともなことだと思います。

例えば、お子さんが不登校になって、家庭内暴力をはじめた。
こんなとき、親としてどのようにかかわればいいのか、アドバイスが欲しい――

問題の傾向と対策が経験として蓄積された方なら、的確なアドバイスができるかもしれません。
しかしながら、こういったアドバイスはカウンセリングの枠から離れてしまうことになります。

というのは、カウンセラー側が “思いつく” アドバイスの多くは
クライエントが既に長い間悩みに悩んで考え抜いた内容と重なることが多いからです。

多くの場合、問題についてすでに多くの時間をかけて悩まれてきたその方自身の方がはるかに『専門家』ですので、こちらがアドバイスをしても「すでに行った」とか「何をいまさら、そんな分かりきったことを」となってしまうのがよくあるパターンです。
そして、それ以上に「(そう分かっていても)そうすることができない私のつらさ、苦しさを分かってほしい」という気持ちをかえって強くしてしまいます。

クライエントさん自身の内側から発せられる『こころの声』に耳を澄ませていくのが中心であって
「こうせよ」「ああせよ」と指摘することがカウンセリングという仕事の中心ではないということを
ぜひ、ご理解・ご了承いただきたいと思います。

また、問題を解決することがクライエントさんにとって必ずしもいいということでもないのです。
(〔問題を受け入れる〕〔解決をあきらめる〕ことがその人にとってベストになることもあったりします)


 (※)『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか』過去掲載分
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/974
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/975

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(2/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

昨日よりお送りしているテーマ
『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(※)』

きょうが2回目です。

なぜ人は、問題や悩みを抱えたとき、ほかの人に相談したくなるのでしょうか。
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのでしょうか。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


② 同意して力づけてほしい
~「うん、そうだね」と肯定してほしい 「それでいいんだよ」と背中を押してほしい~


誰かに相談する前からある程度自分の中で答えが出てしまっているということは、意外と多いのではないでしょうか。
そのため、相談したときはそれを肯定して「だいじょうぶ」と後押ししてほしいということもきっと多いと思います。

特に、人生の困難な状況に立たされたとき
恋愛や結婚、進路や就職といった『人生の重要な選択場面』に立たされたとき
「だいじょうぶだよ」「それでいいんだよ」と言ってもらいたい…
そんな気持ちになるのではないでしょうか。

相談することによって、実際に声に出すことによって
自分の気持ちを確かめていく――
そして
「そうそう、確かにそう思っている」「これが自分の確かな気持ちだ」
そのように確信していく――

とはいえ、いくら私たちがみなさんの背中を押すお手伝いをするといっても
みなさんの問いに対し “安請け合い” を私たちがすることは絶対ありません。

例えば

「私、この人と結婚しても大丈夫ですか?」
「私、この仕事に転職しようと思うんですけど、うまくいくと思いますか?」
「彼と付き合うことをやめた方がいいんでしょうか?」


こんなとき、私たちカウンセラーは自分の個人的な思いを口にすることをグッとこらえ
『(自信を持って決断できないでいる)不安な気持ち』に寄り添い、応えていこうとします。
(当たり前ですよね(汗))

カウンセリングの主役、人生の主役はやはりその人(みなさん)自身ですので
人生における重要な選択や決定を行うのは、あくまでその主役(みなさん)であるということを忘れないようにしてください。


 (※)『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか』過去掲載分
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/974

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(1/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

何か問題や悩みを抱えているとき
誰かに相談したい、話を聴いてもらいたいという気持ちになったことは
人生の中で一度や二度、必ず経験されたことがあると思います。

問題や悩みを抱えたとき、なぜ相談したくなるのか
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのか
いくつかのパターンが見られますので、順々に紹介していきたいと思います。

日本社会において人に何か相談したくなったとき、すぐさま
「カウンセリングを受けに行こう」という行為に至ることがなかなかないわけですが
もし皆様よりご用命ただいた際には、「相談したくなった」「話を聴いてもらいたくなった」という
皆様の気持ちを十二分に受け止め、誠心誠意向き合う次第です。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


① 話を聴いてもらいたい
~とにかく、話を聴いてもらいたい 自分の気持ちを理解してもらいたい 受け入れてもらいたい~


とかく私たちは、自分の心に悩みや苦しみが蓄積すると、ほんの少しでもいいから
誰かに分かってもらいたくなる。話を聴いてもらいたくなります。
とはいえ、悩みは苦しみは、多くの場合、なかなか誰にでも話せるものではありません。

しかし、どうしていいか分からず悶々とするから、誰かに話を聴いてもらいたくて仕方なくなる。
そして、実際、自分の気持ちを確かめながら丁寧に耳を傾けてくれる人に話をすると
スーッと気持ちが軽くなっていくのが分かります。

そう。それまで1人で抱えていたものが、自分1人でないことが実感できて
また、1人で抱えてきた重荷を、何か少し肩代わりしてもらえたような気持ちになれて
心と身体が軽くなっていく――

疲れ切っていた自分に、少しずつエネルギーが戻ってくるのを実感できて
「これなら、なんとかやっていけそうだ」そんな気持ちになっていく――

実際、これがカウンセリングの持つ効果と言えます。

カウンセリングの世界において、カウンセラーがアドバイスをすることは基本的にタブーとされていますが
それは、クライエントさんの
「自分の気持ちを理解してもらいたい」
「受け入れてもらいたい」

という思いに丁寧に耳を傾けることでその人の心の奥底にある “扉” が開き
その人の心の中にある(あった)答え(≒本当の気持ち)に気づくという
傾聴による効果のエッセンス が含まれているからです。

バレンタインデーを前に

みなさま、いつもありがとうございます。

バレンタインデーを前に。

私、40代後半になるのですが、ここにきて(え、どこに?)
どうも、恋に落ちてしまったらしいのです。。。

その人が近くにいると、ちょっとよそよそしくなり
他の男性と話をしているのが聞こえると、すこし気が気でない感じがし
ふとしたとき、その人のことを考えてしまい、頭から離れられなくなる・・・など。

なんだか、高校1年生みたいです(苦笑)​


過去、こんな私にもあった “大恋愛”

運命的な出会い。自分の “心の陰” を受け入れてもらい
「こんなにも人を好きになるのか」というくらい大好きだった人と運よく結ばれ
自分にとってとても幸せな時間を過ごしてきたのに
子どもができないという理由で別れてしまい
「今世の恋は終わり。独りで生きていこう」と半ば “開き直って” 生きているのに。。。


とはいえ、いくつになっても
恋することって、とてもステキなことですよね。

『何もしない』こと〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

人が行うすべての行動や発言が
その人の何かしらの欲求を満たすために行われると考えた場合
(実際にそうなんでしょうけど)

『行動を起こさない』『何もしない』ということは
「いまの環境・状態を維持したい」つまり
「いまのままであり続けたい」という欲求を満たすため
〔行動を起こさない・何もしない〕という考え方ができます。

少し言い方を変えると
『行動を起こさない』『何もしない』ことは
その人にとって、いまの環境・状態が『十分に満たされている』ことなのかもしれません。

『足るを知る』と言いますか。

“ほんとうに” 足らないもの、欲するものがあるのなら
それを補うための行動や努力をしなければなりませんが
そうでなければ、実はそのまま(いまのまま)で全然よいのかも。


十分に〔こと・もの〕が足りているはずのこの世の中のなかで
“ほんとうに” 手に入れたいもの・自分にとって必要なものは何ですか?

いま一度見つめ直してみるのもいいかもしれませんね。

眠れぬ夜に〔♯30〕『夢』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯30〕

『夢(ゆめ)』とは・・・
『はかなさ』である。



~解釈とヒント~

『夢』と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

寝ているときに見る夢でしょうか?
起きているときに見る夢でしょうか?

寝ているときに見る夢は
睡眠中の人間が、あたかも現実であるかのように
抱いてしまう心像ですね。

これは、精神医学で
オーストリアの精神分析学者、ジークムント・フロイト(1856-1939)が
明らかにした『無意識』の領域です。

人間の心には無意識の部分があって
それは現実の生活と関係しているといいます。

いわば、外に現れない願望が
『夢』という形をとって出てくるのです。


では、起きているときの夢とは何でしょうか?

簡単に言えば、“思い描くもの”

大きく分けて2つあり

ひとつは、「夢を持て」というときの『夢』
(『理想』と言い換えることができると思います)
そしてもうひとつは、「夢のようなことばかり言うな」というときの『夢』
(『幻想』と言い換えることができると思います)

どうして2つのちが違いがあるかというと
おそらくそれは、現実でないものに対する
人の態度の違いに起因しているのでしょう。

つまり、現実ではないものや状態は
肯定的に捉える人と否定的に捉える人との違いになります。

(『理想主義』と『現実主義』の違いといっていいでしょう)


では、なぜ人は同じ『夢』というものに対し
まったく正反対の視点から捉えてしまうのでしょうか?

それは、夢の持『はかなさ』が災いしているのだと思います。

従来、日本でも和歌などに『夢』という言葉が多用されてきましたが
それらはすべて物事のはかなさを表現したものでした。

夢というのは、必ずしも叶うものではないからです。

大きな野望を抱いて、それに向かって一生懸命努力しても
叶わないことがあるのです。

豊臣秀吉の辞世の句に

「露と落ち 露に消えにし わが身かな 浪速のことも 夢のまた夢」

というのがありますが、秀吉は
天下統一が永遠に続くものではないことをすでに感じ取っていたのです。

この『はかなさ』が、夢に相反する2つの評価をもたらすわけです。


さて、ここに冒頭に挙げた、睡眠中に見る夢が関係してきます。

起きている間に人間に抱く夢が
肯定的に受け止められるにせよ、否定的に受け止められるにせよ
いずれにしても『はかなさ』を根底に有しているだけに
寝ているときに見る非現実の夢を同一のものとしてみなさざるを得ません。

ということは、やはり寝ているときに見る夢も
寝ているときの夢と同じ『願望』なのです。

願望であれば、抑える必要はありません。

いくらでも抱けはいいのです。


ただ、問題があって
起きているときの夢は、寝ているときの夢と違って
(起きているときに)行き詰まって夢から覚めても
現実に戻れることはないという点です。

現実の世界で夢を見てしまうと
行き詰まった責任も自分で負わざるを得なくなります。


ただ、その一方で
夢が叶うという利点も忘れてはいけません。

いうまでもなく、これはステキなことですよね。

そう考えると、寝ているときに見る夢くらいは
ありえないほどのステキなものであってもいいですよね。

今夜皆さんが、ステキな夢を見られることを祈りたいと思います。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

がんばらない〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

きょうのテーマは『がんばらない』

『がんばる』とは『頑張る』
『頑(かたく)なに張る』こと。

つまりは『我を張る』ことであり
『他人との境界線を張る』ことである。

頑張れば頑張るほど、また
頑張ろうとすればするほど周りの人に対し
「自分はこんなに頑張っているのに、どうして○○は頑張らないのか」という気持ちが芽生え
(結局のところ、それは、単なる『うぬぼれ』に過ぎない)
やがては、コミュニケーション不足。
しまいには、仲たがいなんてことも。。。

「自分はこれがちょっと苦手」と、気持ちを “素直に” オープンすれば
「それ、自分得意だから、代わりにやるよ」なんてことになるかもしれないし
(その逆もしかり。自分にとって得意なことが増える)
気持ちだけでなく、頬も “緩んでくる”  ・・・つまり穏やかになるので
ちょっとした『チーム感』が生まれ、自分一人で抱え込む必要もなくなる可能性が高くなる。

だから、『頑張る』のをやめる。
(「頑張っている自分が好き」という気持ちもちょっとあったりするわけですが)

なかには平気でそれをやってのけている人がいますけどね。

ちょっとうらやましい。。。

(そう思うところが、ちょっと『うぬぼれている』かも(笑))