ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2021年05月

前向きになる視点の育み方(1/5)

みなさま、いつもありがとうございます。

過去にお送りしたテーマ『なぜ人は「昔はよかった」と思うのか』において
「昔はよかった・・・」そんな気持ちを小さくするための具体的な方法のひとつに
『前向きになる視点』を育む ことをあげたわけですが
(該当URL : http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/586
具体的にどのように育めばいいのか、きょうから5回にわたって書いていこうと思います。


〔1〕達成可能な目標を持ち、それを実行する

すごくありふれたことなのですが、実は意外とおろそかにしがちなこと。

『前向きになる視点』を育むためには
〔自信〕〔自己肯定〕〔成長〕といったものがキーワードとなってくるわけですが
年齢を重ねていくにつれ、気力・体力など衰えていくのが自然なので
日頃から意識して行っていく必要があると思います。

とはいえ、いきなりハードルの高い目標を掲げても、続かないのは百も承知。

そのため、目標は達成しやすいものにし
達成を積み重ねることで〔自信〕や〔自己肯定〕につなげ
さらに「もっと〔よくしたい/うまくなりたい〕」という意欲がわくことによって
〔成長〕へとつながるような流れをつくるのが一番良いような気がします。


では、具体的にどのようなものを『達成可能な目標』にすればいいのでしょうか。

結局のところ、自分でやってみて前向きな気持ちになるようなものであれば、何だっていいと思います。
(どんなに小さくても構わない。むしろ、小さい方がいいくらい)

・毎日20分歩く
・毎日10回腹筋をする
・1ヶ月に1冊本を読む
・家の一部分をピカピカにする(それを日ごとに場所を変えていく)
・短時間で成果となって現れるものをこなす(ex 物作り、塗り絵、パズル的なもの etc… )

など。


前向きな気持ちになるために(健康でいられるように/ ”うつ” にならないために)
よく「趣味を持ちましょう」と言われることがありますが
趣味を持とうとすると、ハードルが上がってかえって何もできなくなってしまうので
『前向きになる視点』を育むためにやり始めたものが、結果的に『趣味』になっている といいのかなと思います。

愛の周波数528Hz(その2)〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

きのうのコラムにて『528Hzは愛の周波数』と紹介しましたが
きょうはそれについて詳しく。
(該当URL:http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1041 )    


なぜ528Hzがいいと言われているか・・・それは
『自分自身が思う理想への転換、奇跡、DNAの修復をもたらす』効果がある
とされているからです。

(こんなふうに書くと、ちょっと宗教っぽくてあやしいと感じるかもしれませんが)


もう少し詳しく書くと・・・

2つの塩基が二重の螺旋状となって構成されているDNA。
この塩基2つとも破壊され、死んでしまうことによって生物の『老化』が起こるわけですが
(塩基1つだけの破壊は、もうひとつの塩基によって修復される)
528hzの周波数は、この両方破壊されたものが修復されるという実験検証が得られていて
海外の医療の現場では、この528Hzの周波数を治療の一環として活用され始めているとのこと。

(なぜ日本では浸透しないのか…とある業界の圧力がある(?))

うつ病やパニック障害などの精神疾患からガンなどの肉体疾患まで
幅広くその効果が認められ始めているらしいです。


YouTubeなどにもたくさんアップされている中
実際にそれらが ”ほんとうに” 528hzの周波数で奏でられているかどうかは確かめられないので
ちょっと微妙なところがあるわけですが
もし、日ごろから疲れのようなものを感じていたり、どこか身体で気にかかる箇所があるような場合
これらの中から、自分にあった、心地よいと感じるものを聴く習慣をつけるといいと思います。

愛の周波数528Hz(その1)〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

日常生活において
人との会話、テレビや音楽など、意識的に耳を傾ける〔聴く〕音もあれば
車の走る音、鳥の鳴き声など、自然に入ってくる〔聞く〕音があるわけですが
昨今はこの『音』に関する研究も進んできて
特に心地よいと感じる音の代表的なものに
『1/fのゆらぎ』や『ソルフェジオ周波数』というのがあるそうです。

『ソルフェジオ周波数』・・・少し聞きなれない言葉ですよね。。

『ソルフェジオ周波数』とは
「ドレミファソラシド」の音階を作る際に基準となる周波数のこと。
(多くの場合「ラ」の音がその周波数になっている)
(つまり、この周波数の設定によって、「ドレミファソラシド」の音も微妙に異なる)

そして、いろいろな『ソルフェジオ周波数』の中で
最もよいとされるのが『528Hz』の周波数とされています。
(別名『愛の周波数』という)

あす5月28日の ”語呂合わせ的な意味合い” でこのテーマにしたわけですが
その『愛の周波数』なるものについて、明日詳しく紹介致します。

パパとなっちゃん(追悼:田村正和さん)

みなさま、いつもありがとうございます。

俳優・田村正和さんの訃報のニュースで
悲しまれた方、驚かれた方、きっと多いと思います。

数多くの出演ドラマのなかで、私が思い出すのが
ちょうど30年前の今頃(91年4-6月期)に放映されたドラマ
『パパとなっちゃん』

妻に先立たれあと、男手ひとつで娘を育て
その愛娘が結婚適齢期を迎えたことによって生じた複雑な父親心と
まだ奥さんが健在だった、娘の小さい頃のエピソードも一緒に織り込んだ
ちょっぴりせつないホームコメディドラマ。

娘役だったキョンキョンが歌ったドラマの主題歌
『あなたに会えてよかった』が大ヒットしたもの印象的。


そのころ、私は高校2年生。

“キョンキョン” とあだ名のついたかわいい部活の後輩に
「野田先輩っ!」と呼ばれ、クールを装いながらも
「おおっ、“先輩っ” って呼ばれちゃったよぉ~」と
内心ニヤニヤしてたのもよき青春の思い出のひとつ。


そうか。考えてみれば
ちょうどいまの私の年齢くらいの時に
田村正和さんはこのドラマの父親役を演じたことになるんだな。

ちょっと感慨深い。


亡くなった人に対しては、よく
「お悔やみ申し上げます」などの言葉が使われるわけだけど
最近、私は「ステキな思い出をありがとうございました」という言葉を
お伝えしたいと思うようになりました。

なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(4/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

過去3回にわたってお送りしているテーマ
『なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(※)』

きょうが最後です。

カウンセリングにおいて最も大切なことのひとつに『援助的人間関係の確立』があり
そのためには 3つの段階を踏んでカウンセリングを行う 必要があることを同時に述べました。
(カウンセリングに時間と回数がかかるのはこのためです)

本日は3つの段階の中の最終段階 『〔Ⅲ〕行動計画期』について詳細を述べていきます。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)


〔Ⅲ〕行動計画期
・アクション、ステップの時期
・「実際にこれからどうするか」行動の計画を立て、小目標を達成していく段階


カウンセリングの方向性が定まってきたら、『行動計画』の段階に進んでいきます。

例えば「ある仕事に就こう」という方針が定まった場合
「その仕事に就くにはどのような資格が必要で、どのような学校に行けばいいのか」
などを探っていきます。

また、しばらく勤務先や学校などを休んでいた方であれば
「職場や学校に戻るための努力をしよう」
と決めて、いきなり職場や学校に戻るのではなく
「通勤・通学するのと同じ時間に同じ服装をして、家の近くを30分歩くことから始める」
などといった具合です。

「(具体的に)いつから、何をしていくか」
「無理がないようにするためには、どのようなことから始めて、次にどんなことをしていくか」
という行動の計画を、カウンセラーとクライエントさんが一緒に話し合って決めていくのです。

そして、この段階を終えたら、いよいよカウンセリング終結に向けての話し合いを進めていきます。

「そろそろ終わりにしてもよさそうな気がするのですが、いかがですか?」
とカウンセラーから切り出す場合もあれば
「なんとかやっていけそうな気がするので、そろそろ終わりにしたいと思います」
とクライエントさんの方から伝えていただく場合もあります。

いずれのケースにしても、クライエントさんの意思を尊重するのに変わりありません。


 (※)『なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか』過去掲載分
    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1034
    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1035

    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1036

なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(3/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

一昨日よりお送りしているテーマ
『なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(※)』

きょうが3回目です。

カウンセリングにおいて最も大切なことのひとつに『援助的人間関係の確立』があり
そのためには 3つの段階を踏んでカウンセリングを行う 必要があることを同時に述べました。
(カウンセリングに時間と回数がかかるのはこのためです)

本日は3つの段階の中の第2段階 『〔Ⅱ〕自己探索期』について詳細を述べていきます。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)


〔Ⅱ〕自己探索期
・自分を深く見つめる時期
・自分の内側に意識をむけて、こころの声を聴いていく段階


一定の関係形成を築けたと感じたクライエントさんは、意識がたんだん自分自身へと向かい始め

 「自分の “ほんとうの” 気持ちは、どのような気持ちなのか」
 「果たして自分は何をしたくて、どんな方向に向かいたがっているのか」


と自己探索するようになっていきます。

この『自分を深く見つめていく(内省していく)段階』こそが
カウンセリングの主たる段階であり、山場ともいえます。

ここで私たちカウンセラーが意識するのは
クライエントさんから受け取った言葉を、自分(カウンセラー自身)の深いところに
ゆっくり響かせていくような『深い傾聴』をすることです。

それは、カウンセラー自身が自分の “深いところ” で話を聴いていないと
クライエントさんも安心して自分のこころの奥深くに入っていくことができないからです。

カウンセラーが自分の “深いところ” に重心をおいて、そこでクライエントさんの話を聴き
そこから『伝え返し』をおこなっていく ――

そんなカウンセラーのあり方がクライエントさんに伝わることによって
クライエントさんも安心してこころの奥深くに入っていくことができます。


 (※)『なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか』過去掲載分
    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1034
    
http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1035

なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(2/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

昨日よりお送りしているテーマ
『なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(※)』

きょうが2回目です。

カウンセリングにおいて最も大切なことのひとつに『援助的人間関係の確立』があり
そのためには 3つの段階を踏んでカウンセリングを行う 必要があることを同時に述べました。
(カウンセリングに時間と回数がかかるのはこのためです)

本日は3つの段階の中の最初の段階 『〔Ⅰ〕関係形成期』について詳細を述べていきます。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)


〔Ⅰ〕関係形成期
・『ラポール』を築く時期
・「こころとこころのつながり」をつくる段階


この段階でなんといっても重要なのは

 「この人には安心して話ができる」
 「この人は、私の気持ちをわかってくれる」
 「細かなこころのひだまで、ていねいに分かって、感じ取ってくれる」
 「そしてその理解を、ちゃんと私に確かめてくれる」
 「この人だったら、一緒にやっていけそうだ」


という共感的な関係の確立です。

1回のカウンセリングでこの関係形成が完了する場合もあれば、10回以上かかる場合もあります。
(おおよそのところ、2~3回でこの関係を築いていきます)


ここで私たちカウンセラーが行うのは
クライエントさんの『見立て(▲)』の他、『うなずき』『あいづち』『感情の伝え返し』など
ごく一般的な傾聴することを主とし、問題そのものに目を向けることはまだしないことの方が多いです。

それは、どんなクライエントさんであっても

 「このカウンセラーさんは私の話や気持ちをていねいに受け止めてくれる」
 「わかったつもりにならずに、ちゃんと私にしながら聴いてくれている」


と(クライエントさんが)感じるよう
 
「あなた(クライエントさん)のこころをきちんとわかろうとしていますよ」

という姿勢でクライエントさんの気持ちを受け止めていくことを意識するためです。


  (▲)抱えている問題や悩みがどんなものであるか、またその根源となっているもの
     問題や悩みの深さをつかむこと


 (※)『なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか』過去掲載分
    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1034

なぜ、カウンセリングは時間と回数がかかるのか(1/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

カウンセリングを行う上で大切なことがいっぱいあるわけですが
何よりもまず大切なこと・・・それは

クライエントさんがカウンセラーに対し

 「この人とは、気持ちが一つに重なって、同じこころの世界を味わっている」
 「この人は、私の気持ちを、こころのひだまでていねいに分かってくれようとしている」


と感じてもらえるようになること。

つまり『援助的人間関係の確立』こそが最も重要な要素となってきます。

では、どのようにするとこの関係が確立できるのでしょうか?

それは、以下に示す3つの段階を踏んでカウンセリングを行うことにあります。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)


 〔Ⅰ〕関係形成期
  ・『ラポール』を築く時期
  ・「こころとこころのつながり」をつくる段階
  〔役に立つ理論〕ロジャーズのクライエント中心療法


 〔Ⅱ〕自己探索期
  ・自分を深く見つめる時期
  ・自分の内側に意識を向けて、こころの声を聴いていく段階
  〔役に立つ理論〕ロジャーズのクライエント中心療法
          ジェンドリンのフォーカシング
          精神分析、ユング心理学、プロセスワークなど


 〔Ⅲ〕行動計画期
  ・アクション、ステップの時期
  ・「実際にこれからどうするか」行動の計画を立て、小目標を達成していく段階
  〔役に立つ理論〕ブリーフセラピー、認知行動療法など



もちろん、クライエントさんの意向や取り扱う内容・進み具合によって
どの段階を中心として取り扱うかまったく異なってくるわけですが
この3つの段階を踏まえなくしてカウンセリングは成り立たないため
カウンセリングに時間と回数がかかってしまうのはやむを得ないことなのです。
 

それぞれの段階について、次回以降、もう少し詳しく取り扱っていきます。

眠れぬ夜に〔♯33〕『未来』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯33〕

『未来(みらい)』とは・・・
『いまを生きること』である。



〔解釈とヒント〕

眠れない夜に未来に対して思いをはせるのは
いい面も悪い面もあるでしょう。

いい面は希望を持てる点、悪い面は希望を持てないという点です。

つまり、未来というのは先の話であるだけに
そこに明るい兆しがあればそれは明るい未来としていい意味を持ちます。

これに対し、明るい材料が何もなければ
未来は希望を持てない暗いものとして悪い意味を持つのです。


しかし、一般的に未来というのは、いいニュアンスで捉えます。

過去、現在、未来という3つの時代区分の中で
もっとも輝かしいものとして描かれるのです。


「TIME タイム」というSF映画があります。

25歳で成長が止まり、あとは
富裕層には永遠の命が与えられるのに対して
貧困層は余命1年だけが与えられます。

彼らは労働によって時間を稼ぐか、人からもらうか奪うかによって
寿命をのばすほかないのです。

ここでは時間が通貨として流通し
人々は稼いだお金で、いや、時間の分だけ生きられるのです。

貧困層の人間は、常に時間とにらめっこして生きなければなりません。

おそらく彼らには未来などないのでしょう。

あるのはきょう1日をいかに生きるかだけです。

反対に、永遠の命が与えられた者はどうかというと
これもまた未来に希望を託すことなどありません。

同じことが続くだけの人生・・・

中には、自ら命を絶とうとする者も出てきます。


つまり、 残された時間のない者も、有り余るほどある者も
ともに未来に希望を託すことなどできない
​ のです。

結局のところ、彼らは いまを生きている のです。

実はこの映画の登場人物に限らず
人間は皆そうなのかもしれません。

それは未来という時間の意味を考えれば分かると思います。


例えば、古代キリスト教の哲学者アウグスティヌス(354-430)は
未来を含む時間について、人間と心との関係で捉えています。

過去、現在、未来などとあたりまえのようにいいますが
実際は過去などというものは存在しません。

過去は “過ぎ去っている” のですから。

未来も同じ・・・まだ “ない” 存在なのです。

その意味で、あるのは今だけ です。

にもかかわらず、私たちはこの3つの時間を抱き
それぞれを区別しようとします。

それは私たちの心が、今を実感するだけでなく
過去を記憶し、未来に思いを馳せるからです。

また、アウグスティヌスは、時間とは延長だとも言っています。

つまり、過去、現在、未来という3つの方向に心が延びるイメージなのでしょう。

現在を起点に、私たちの心は
今にも、過去にも、未来にも延びていきます。

ときにそれは後悔という形をとって、ときに期待という形をとって。

でも、それらはいずれも
いまをどう生きるかという問題にほかならない のです。

そう考えると、いま、この時間を
ポジティブな気持ちをもって生きた方がいいのか
ネガティブな気持ち(を抱えたまま)で生きた方がいいのか
おのずと答えが決まってきそうですね。

まだ誰も知らない、明るい未来を信じて。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

自分の代わりにやってくれた人に感謝する〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

前回のコラム
『自分の代わりはいくらでもいる』に少し関連付けて。
(前回URL:http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1030 )


よくあるコンプレックスのひとつに

「人にはあって(できて)、自分にはない(できない)」

というのがあります。

仕事や勉強、家事、子育てを効率よくやることをはじめ
資格の有り無しや、外国語を話すといった『能力』
美味しいものを食べたり、休日にお出かけする『時間』
家族を持つこと、家を建てること、好きな物を所有すること・・・

挙げればきりがありません。


こんなとき、少し大きな気持ちをもって

「自分の代わりに、その人が持ってくれている」
「自分の代わりに、その人が身につけてくれている」


と思うことができたら、どんなに気持ちが楽になるでしょうか。
(かなり難しいですけどね)


前者に挙げた、仕事や勉強、資格、外国語を話すことなどは
自分ができなかった(やろうとしなかった)代わりに
その人が頑張って身につけてくれたわけなので

「自分の代わりに頑張ってくれてありがとう」

と、エールを送ればいいわけですし

後者に挙げた、美味しいものを食べたり、休日にお出かけすること
はたまた、家族を持つこと、家を建てること、好きな物を所有することなどは

「自分の代わりに(楽しい/幸せな)気分を提供してくれてありがとう」

と、しあわせな気持ちをもらってしまえばいいと思います。


そう。大事なのは
「あいつばっかり…」と妬んだり、自分を卑下したり
うらやましいと思う気持ちをできるだけ小さくして

「代わりに○○してくれて、ありがとう」

と、感謝する気持ち。

この気持ちがもてるようになると、コンプレックスそのものがなくなるわけですし
人としての器もすごく大きくなるような気がします。

かくいう私も、身の回りの人に感謝できるよう
ちょっと気を付けてみたいと思います。